とどろき駅前クリニック・世田谷区・等々力駅・内科・消化器内科・循環器内科とどろき駅前クリニック

長引く咳・気管支喘息

気管支喘息とは

喘息

喘息とは、気道(空気の通り道)に慢性的な炎症が続いている状態のことを指します。様々な刺激によって気道が敏感になっており、発作的に気道が狭くなることを繰り返す疾患です。炎症がひどくなると咳や痰、息苦しさ、胸の痛みなどの症状が出てきます。

 

・風邪を引いた後、風邪が治ったのに咳だけが長引く

・季節の変わり目に咳が良く出る

・天候の変化や気圧の変動で、声やのどの調子が悪くなる

・エアコンなどの冷気を浴びると咳が出る

・寝る前や朝起きた時に咳が出る

・運動後に咳が出る

・3週間以上、咳だけが続く

 

このような症状がある場合、風邪ではなく気管支喘息を疑うことがあります。

喘息は早期の治療、そして継続した治療が肝心です。気になる症状がある場合は、お早めに内科にご受診ください。

▼24時間診察予約受付中!便利なネット予約はこちら

▼お電話での予約も受け付けています:03-5707-3808

症状がないけど治療を続けないといけないの?

喘息は季節の変わり目などに症状が出やすく、症状が出なくなると「治った」と思われる方も少なくありません。しかし気道では慢性的な炎症が起こっており、症状が出ていない間にも状態はどんどん悪くなっていっていることが分かっています。

この気道の炎症を放っておくと気管支の平滑筋の肥大が進み、気道が狭くなって喘息が重症化、難治化していきます。

症状が出ているときは症状を抑える治療を行いますが、症状が出ていないときにも、炎症を抑える(症状を出にくくする)治療を継続することが非常に大切です。

気管支喘息の検査・治療

喘息が疑われた場合には、問診や聴診による症状・状態の把握に加えて、呼吸機能の検査や血液検査、レントゲンなどにより原因やより詳しい状態を調べていきます。

喘息の治療には、大きく2つの段階があります。ひとつは症状が出た時の対症療法です。喘息発作が起こっている時は気道が非常に狭くなっているため、狭くなった気道を広げて発作を抑えるための気管支拡張薬を用います。この時には、辛い症状を抑えることが治療の目的となります。

もうひとつは、症状が落ち着いている時の治療です。これは、発作の原因となる慢性の気道炎症を鎮めるための治療で、抗炎症薬が用いられます。喘息治療のポイントは、この症状が出ていない時の治療をいかに継続して行えるか、ということになります。症状の有無に関わらず、治療を続けるようにしましょう。

気管支喘息との付き合い方

喘息という病気は、特に成人の場合には「治る」病気ではないことが分かっています。ただし、しっかりとした治療を継続していれば日常生活において何かしらの制限が出てくるものではありません。逆に、症状が出た時だけの対症療法による治療だけを繰り返していると、喘息はどんどん悪化し症状もますます辛くなっていきます。少しでも気になる症状があれば、お気軽に当院までご相談ください。

▼24時間診察予約受付中!便利なネット予約はこちら

▼お電話での予約も受け付けています:03-5707-3808