とどろき駅前クリニック・世田谷区・等々力駅・内科・消化器内科・循環器内科とどろき駅前クリニック

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病はインリスンの作用の不足により、血糖値が高くなる疾患です。
一回のHbA1cの値と血糖値の血液検査結果で下記の二点を満たす場合、糖尿病と診断します。

 

・空腹時血糖値 126 mg/dL以上
・随時血糖値  200 mg/dL以上
・HbA1c     6.5 %以上

糖尿病の症状について

高血糖が著しい場合には、多飲、多尿、口渇感、体重減少といった症状を自覚しますが、初期の場合は無症状のことが多く、健康診断などにて指摘されることが多いです。

糖尿病は、神経障害・網膜症・腎症といわれる三大合併症に加え、脂質異常症や高血圧症などを伴うことによる動脈硬化性疾患(狭心症・心筋梗塞、脳梗塞)などを引き起こすことが知られています。

これらの合併症を予防し、早期発見・治療を行うことが重要です。

 

▼24時間診察予約受付中!便利なネット予約はこちら

▼お電話での予約も受け付けています:03-5707-3808

糖尿病の三大合併症(細小血管障害)

① 神経障害
四肢のしびれや痛み、感覚の鈍さなどが出現します。日常生活に不自由を感じるだけでなく、足壊疽の原因となることもあります。
② 網膜症
重症化すると視力低下や失明などの原因となります。定期的な眼科受診をお勧めしています。
③ 腎症
重症化すると血液透析などが必要となります。血液検査で腎機能の評価し、尿検査で微量アルブミンを測定することによって早期腎症を診断します。

糖尿病の治療

糖尿病治療の目標は、適切な値で血糖値をコントロールすることで、慢性合併症や動脈硬化症の発症を予防することにあります。

基本的な治療は食事療法、運動療法、薬物療法です。
必要以上のエネルギーを摂取しないように管理し、有酸素療法を基本とした運動療法を行うことが推奨されています。

これらの治療で改善が乏しい場合に、経口血糖降下薬やインスリン療法を行います。

 

▼24時間診察予約受付中!便利なネット予約はこちら

▼お電話での予約も受け付けています:03-5707-3808